1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫腰痛対策に運動を始めませんか?

腰痛対策に運動を始めませんか?

b1ffb429796b248dc9c70a470c46fc28_s

腰痛になると、腰が痛くて運動どころじゃない!!って思う方もいるかもしれません。

 

もちろん、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎狭窄症、ぎっくり腰など、神経的なものや急性症状の強い時には安静にしておくことが大事です。

しかし、慢性的な腰痛には安静にしておく=腰を動かさないは、さらに腰の状態を悪化させていってしまうことになりかねません。

最近の研究では運動を進めていく方向に変わっていってます。

昔は手術後は1週間も2週間も安静にしていましたが、ここ10年ぐらいは手術後、2~3日から体を動かさせるようにしてますよね。

1~2週間も安静にしておいたら、筋肉が衰えてしまって治る以前に体力や体の機能が落ちてしまい、回復力が落ちてしまうからですよね。

腰痛も同じで、腰が痛いからといってずっと庇った姿勢をしたり、運動をしないと腰に関係している筋肉が弱ってしまい、治るどころかずっと痛いままでしかありません。

本当に痛いときは体を動かす事も嫌かもしれませんが、そのままにせずまずは軽めにラジオ体操やストレッチなどで、体を動かすクセをつけてあげると良いですね。

そうすれば今度はウォーキングなどで外に出ながら運動を行うと、普段と違う環境を作ることで精神的なストレスなども解消されるきっかけになるし、体もより多く、大きく動かすことでさらなる腰痛解消を期待出来ます。

 

ただし、普段運動をしてこなかった人が急に体を動かすと痛みを伴うこともありますので、あまり最初から無理をしないことも大事ですし、体を休める時は寝具などにもこだわりたいですね。

 

腰が痛い人には高反発のマットレスがオススメです。

よく腰痛の方が沈み込むソファに座ると起き上がりにくいと言われます。

その原因は柔らかすぎて体が沈みこみ、いざ起き上がるときに硬いソファよりも強い力が必要という事です。

マットレスも同じ理由で、柔らかいマットレスだと寝返りを打つときも、

適度に硬いマットレスの方が自然に寝返りが打ちやすいです。

 

モットンもこの自然な寝返りを考えられて作られたマットレスです。

体圧分散も考えられたマットレスなので、腰痛対策に運動+マットレスでしっかり体を休めてあげることも必要ですね。

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA